ほうれい線は年齢に関係なく深くなる

ほうれい線は加齢だけではなく、紫外線の影響も受けますから、年齢関係なく若い方でも深くなります。
俗に言うところの「ブルドッグ顔」のできあがりです。

 

たとえ肌がキレイでも、ほうれい線が深くては何もいいことはありません。

 

予防の意味も込めて以下のようなケアをしていれば、ほうれい線を目立たせることなく過ごしていくことができますよ。

表情筋を鍛える

顔には30個以上の表情筋があります。
その中でほうれい線を目立たせる原因になっているのは、口角挙筋(こうかくきょきん)という筋肉です。

 

表情筋は体の筋肉と違って小さい筋肉なので、簡単にしかもすぐに効果を実感することができます。

 

角挙筋を鍛えるには?

 

内側に上下の唇を巻き込んで口の両端を上げてキープします(5秒間)。
この動作を一日に何回か繰り返していると効果が出てきます。

肌を保湿する

ほうれい線はしわです。

 

しわは乾燥が最大の敵ですから、保湿をするといいのです。
紫外線になるべく当たらないようにし、一年を通して保湿ケアを行いましょう。

 

しわが深くなることを完全に止めることはできませんが、予防することで老化を緩やかにできます。